生きがいしごとサポートセンター

起業・就業・ボランティアなど生きがいしごとを総合的に支援する機関で、その運営を兵庫県が補助しています。

平成12年度に1ヶ所で始まった生きサポは、平成25年度現在、県内に6ヶ所設置されています。これまでに、生きサポの支援を受けて起業した団体は、1,100団体を超えます。

起業による生きがいしごとの場を創出するとともに、就業・ボランティアに関するマッチングも行っており、活動支援について実績を残しています。

生きがいしごととは地域社会への貢献と生きがいのある働き方のことです。兵庫県では、その新しい働き方の「核」として、コミュニティ・ビジネスを位置づけています。コミュニティビジネスとは地域課題を解決するため、ビジネス的手法により地域で主体的に取り組み、地域を元気にする事業です。