2012年度NPO就職・転職ガイダンスを開催しました。

お知らせ一覧に戻る

2012年12月19日

2012年度NPO就職・転職ガイダンスを開催しました。当日は30名の方に参加していただき、学生と社会人がほぼ半分ずつという形になりました。

NPO法人ユースビジョンの芝原さんから、まずはNPOとは何なのか、NPOの雇用環境はどうなのか、などについて概観していただきました。

写真:芝原さん講演

次に、ゲストの鈴木さん(シチズンシップ共育企画)とQ&A。また、参加者の方からもいくつも質問をいただきました。

写真:芝原さんと鈴木さん

それから第2部に移ります。第2部は、4つのグループにわかれ、それぞれのゲストとともにQ&Aを行います。ゲストはこちら。

鈴木さん(シチズンシップ共育企画

写真:鈴木さん

北内さん(岡山NPOセンター

写真:北内さん

李さん(多言語センターFACIL

写真:李さん

阪上さん(NPO法人ブレーンヒューマニティー

写真:阪上さん

それぞれのテーブルでは、こんな質問が出されていました。

質問事項

  • NPOの事業やプロジェクトはよく終わるものなのか、安定した仕事なのか。
  • プライベートと両立できているか。
  • 給料はこれから上がっていくと思うか。
  • こういう専門性があったほうがよいと思うものはあるか。
  • 普段はどのような仕事をしているのか。
  • NPOスタッフは専門色が強く、就職するには敷居が高い印象。実際はどうなのか。
  • NPOで働くことで、地域とどのようなつながりが得られるか。
  • 企業と違い、NPOで働く上で特有な事、大変なことはあるか。
  • ボランティアとインターンの違いは何か。
  • 就職をするときに民間企業は考えなかったのか。
  • 複数のNPOを転職しているが、キャリアアップにつながっていると思うか。
  • 昇給、賞与などは受け取れるのか、どういった条件下で発生するのか。
  • 採用試験の内容を知りたい。NPOで働くことに年齢制限はあるのか。
  • 1つのNPOで長期的にインターンをされていたが、職員とインターンで関わり方や責任は変わるのか。
  • 今後のキャリアプラン、キャリアアップについて考えを聞かせて欲しい。

参加者の皆さんの関心の度合いの高さに驚くとともに、ゲストの方にも「え、そこまで言っちゃう?!」というくらいのことまでざっくばらんにお答えいただきました。

参加者の声

  • NPOへ就職する第一歩は、まずは興味ある団体へ飛び込み、事業に参加することであるのだと感じた。また、社会の課題に気づき、「こういう社会にしていきたい!」という動機が何よりも大切であると思った。
  • 転職されたきっかけや収入などの、確かな情報が知れてとても貴重な時間をすごせて良かったです。いいヒントになりました。ありがとうございました。
  • 色々な事を知る事が出来て、大変参考になりました。NPOで活動する事の意義、苦労等色々聞くことができましたので、じっくり考えて決めたいと思います。有難うございました。
  • NPOについてよく理解できました。多種多様な活動のお話が聞けてとても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 現在、社会人でNPOへの転職を考えていますが、まずは実際にNPOへの活動に参加してみることが重要だと学びました。今後も、何かかかわりがあるかもしれませんがよろしくお願いします。
  • 現在福祉の勉強をしています。施設では手の届かない、退所後のアフターケアも行っている団体に興味をもち、NPOについて知りたいと思い受講しました。知らなかったたくさんのことを、またためになるお話をきくことができ、イメージもとてもかわりました。ありがとうございました。
  • 色々な種類のNPO法人があるということがわかりました。後半の直接お話を聞ける時間がとても有意義でした。利益に関わらず、純粋に世の中の役に立ちたいと思って働いていらっしゃるんだなと思いました。人とのつながりの大切さを実感できる仕事だと思い、増々興味がわきました。ありがとうございました。
  • 本当に貴重なお話ばかりで、NPOへの就職に関する具体的なイメージをもつことができました。残りの学生生活の中で様々なことにチャレンジする中で、より多くの人との出会いを大切にしていきたいと感じました。ありがとうございました!
  • NPOについて全く知らなかった段階なので、今回の講座で翌理解することができました。今、就活をするか、NPO団体を考えるか悩んでいたところだったので、不安や悩みが少し解消され、どうずべきか答えが出てきました。ありがとうございました。

NPO・NGOに就職・転職したい皆様へのページもご参照ください。