電気を地域でつくる ~災害に強いまちをめざして~

お知らせ一覧に戻る

2014年9月11日

写真:多摩電力合同会社

多摩電力合同会社から学ぶ再生可能エネルギー

電気を地域でつくる ~災害に強いまちをめざして~

東日本大震災以降、再生可能エネルギーに注目が集まっています。一方、再生可能エネルギーを地域の防災力強化のために使おうという動きがあります。

それが、神戸市西神中央ニュータウンにある竹の台地区です。竹の台では、水は竹の台公園、食料は近くのスーパーで確保できますが、電気だけは
地域で賄うことができません。

そこで、太陽光発電を地域に設置し、エネルギーを地域内で循環させることで、災害時でも電力を確保できるように試みています。

そんな竹の台地区に、再生可能エネルギー(太陽光発電)による電力を地域で循環させる取り組みを行う東京・多摩ニュータウンにある多摩電力合同会社から講師を招きます。

これからの地域がエネルギーを自ら作る未来、竹の台地区がそのために取り組むべきことを考えます。

ゲスト

林 久美子さん

  • 多摩循環型エネルギー協会 理事
  • 多摩電力合同会社 業務執行社員

写真:林さん

東京造形大学デザイン学科卒業。デザインプロダクション、広告代理店を経て1997年より林デザイン事務所として独立。主に出版物、カタログ、パンフレットのデザインを手がける。

地域活動は、毎月1回の情報交換会を開催し100回の開催を超える異業種交流会-多摩カンパニーオーケストラに2008年から参加、幅広い人脈を得る。幹事として会の企画立案担当。

3.11を契機に環境やエネルギー、まちづくり等に興味を持ち活動しはじめる。

多摩電力合同会社とは

3.11を契機に2012年5月に多摩循環型エネルギー協会(多摩エネ協)を設立。多摩地域で循環型エネルギーの利用・普及・啓発活動を行なう会員制組織として活動している。会員数183名(2014年8月末)

なかでも太陽光発電を事業として行うことを目的に多摩電力合同会社を2012年10月29日に設立。多摩エネ協と連携・協働しながら現在8カ所(約350kW)の市民発電所を運営している。

要項

日時 2014年10月26日日曜日 13時30分から15時30分まで
会場 神戸市西区民センター 会議室1
神戸市西区糀台5丁目6-1
定員 40名
対象 再生可能エネルギーに関心がある方
NPO・自治会・地縁活動を行う方
参加費 500円

お申し込み

当セミナーに申し込まれる方は下記のお申し込みフォームをご記入ください。

お申し込みフォームが動かない場合は、下記の事項についてメールでお申込みください。

  • お名前
  • フリガナ
  • 団体名(ご所属があれば)
  • 郵便番号
  • 住所
  • E-mail
  • 電話番号
  • 講師への質問

お問い合わせ

生きがいしごとサポートセンター神戸西(担当:小嶋)

  • 住所 〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通4-4-6-204
  • 電話 078-731-2251
  • FAX  078-735-0164
  • E-mail next@ikisapo.com