医療機関から学ぶチームマネジメント1日目を開催しました。

お知らせ一覧に戻る

2016年1月28日

写真:セミナーの様子

医療機関から学ぶチームマネジメントの第1回を開催しました。講師は、NPO法人こどもコミュニティケアの末永さん、しゃらく訪問看護ステーションうみの奥崎が担いました。参加者は悪天候ながら7名の方が参加してくれました。

写真:末永さん

末永さんから医療機関で看護師がどのようにチームを成り立たせているのかを講演いただきました。全く知らない未知の領域に参加者の方々も驚いていたようです。

写真:奥崎さん

末永さんの話に、奥崎さんがほかの病院や訪問看護ステーションの場合の事例も加えてくれました。

写真:神戸ともそだちの丘

終了後はこどもコミュニティケアが運営する神戸ともそだちの丘を参加者全員で見学です。2時間の予定の講座がなんと3時間30分もかかり、終了しました。皆さん、お疲れさまでした。

参加者の声

  • 自らを見つめ直すよい機会になりましたので、職場にも周りにも伝えたいと思います。(T.O.)
  • スタッフの仕事に対する意識を高めていけるよう、今日学んだことを伝えていきたいと思います。また、計画の具体性、報告の重要性など、私自身もとても良い刺激をいただきました。ありがとうございました。(松本将八)
  • PDCAを早くまわすことの重要性の意識(特にC・Aを自分はまだできていないので)。ジョハリの窓。作り直すということなど大変印象深い勉強になりました。
  • チームをまとめる重要性、意識、視点など大変大きなことを学びました。今後も当法人に持ち帰り、学んだことを共有していきたいと思いました。