○○流、学習支援のありかた “学内編”/神戸の社会起業家育成シリーズvol.6

お知らせ一覧に戻る

2014年6月11日

『神戸の社会起業家』育成シリーズ vol.6
社会的課題とその解決策を先駆者から学ぶ

○○流、学習支援のありかた “学内編”

厚生労働省によると、子どもの貧困率は15.7%、および6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われており、20 年前の1.4倍となっています。

そのひとつの解決策として、新しい取り組みである学習支援が提起され、注目されています。

子どもの貧困はなぜ発生し、増加しているのか。その結果、どんな影響を社会に与えるのか。学習支援は子どもの貧困をどのように緩和させ得るのか。

また、学習支援を行いつつ、その取り組みを経済的に持続させるためにはどうするべきか。

子どもの貧困に焦点を合わせ、学校内および学校外における学習支援に取り組むゲストを招き、「学内編」「学外編」計2回のセミナーを開催します。

  • 先駆者・先輩起業家(ゲスト)が、どのようなきっかけで社会的課題に関わるようになり、その課題に対してどのようにアプローチし、これからどんな展開をしようとしているのかについて学びます。
  • その課題に対してそれぞれ異なったアプローチで取り組む二人のゲストを招くことで、その社会的課題が体系的に理解できます。
  • ダイアログ(対話)形式で行います。参加者の方々の積極的な参加を期待します。

ゲスト

今井 紀明さんNPO法人D×P 共同代表)

写真:今井さん

1985年札幌生まれ。大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)2010年春卒。大阪の専門商社勤務を経て、現在、特定非営利活動法人D×P(ディーピー)の共同代表を務めている。

通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

辻田 梨紗さん一般社団法人officeドーナツトーク

写真:辻田さん

不登校支援NPOスタッフ、児童福祉司、障害児通園施設指導員、堺市SSWを経験。

ドイツ視察を機に、2012年より西成高等学校内に、「生活の安全・安心を提供する」をコンセプトに、「となりカフェ」を開設。校内でドリンクを提供するカフェの中で、高校生の生きづらさに寄り添い、ケースワークを展開し、10代後半のセーフティーネットづくりと社会参加を目指す。

要項

日時 2014年8月7日木曜日 18時30から20時30分まで
会場 WACCA
会場地図は下記をご覧ください。
定員 20名
参加費 無料

地図:WACCA

神戸市長田区腕塚町5丁目5-1-206 アスタくにづか1番館 北棟2階
JR新長田駅南 徒歩5分

お申し込み

学習支援“学外編”はこちらのページをご参照ください。

お問い合わせ

生きがいしごとサポートセンター神戸西(担当:小嶋)

  • 住所 〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通4-4-6-204
  • 電話 078-731-2251
  • FAX  078-735-0164
  • E-mail next@ikisapo.com