多様性を強みにする これからの「はたらくをつくる」セミナーを開催しました。

お知らせ一覧に戻る

2019年2月8日

2019年1月25日に、【多様性を強みにする これからの「はたらくをつくる」セミナー】を開催しました。

当日は、福祉事業関係者だけでなくデザイン関係の方もお越しいただき、また遠くは奈良や名古屋からもお越しいただき、25名が参加されました。ありがとうございました。

写真:共同受注_脇原さん

ゲストの脇原さん(NPO法人兵庫セルプセンター)からは神戸の共同受注事業の紹介やスイーツ甲子園などの取り組みをご紹介いただき、

写真:共同受注_成田さん

成田さん(あたらしい・はたらくを・つくる事業協同組合/社会福祉法人わたぼうしの会)からは、奈良で行っているデザイナーやIT事業者と協業した共同受注事業やわたぼうしの会のアートを通じた取り組みについてご紹介いただきました。

写真:共同受注_ファシグラ

また当日はその場で講演内容を可視化する「グラフィック・レコーディング」という手法により、奥野さん(凸凹フューチャーセンター)にイラストを交えた議事録をとっていただき、

最後に参加者同士との対話と質疑応答を行いました。

参加者の声

  • 「奈良のしごとは奈良でする」を「神戸のしごとは神戸でする」として障害者のはたらくだでなく、地域についてもより考えていきたいと思いました。。(E.I.)
  • 福祉事業所に勤めているので、アートを使って、授産活動と収入アップにどのようにつなげていけるか探っていきたいと思った。(A.M.)
  • 関係のある社会福祉法人さんの現場などで様々な提案をしていければと思います。(D.T.)
  • はたらくをつくることはできなくても、社会の中に依存先を増やす取り組みはできるような気がするので取り組みたい。(無記名)